スキップしてメイン コンテンツに移動

ハリー・パーチ初体験!



やはり途切れてしまったブログを恥を忍んで100年振りに更新。

この夏は、アメリカの作曲家ハリー・パーチの音楽劇「Delusion of the fury」のリハーサルと本番に明け暮れていました。

この音楽劇は、北西ドイツ最大の芸術祭ルーアトリエンナーレ、ケルンのアンサンブル・ムジークファブリック、演出家ハイナー・ゲッベルスによる構想を含め2年以上費やされた大プロジェクトです。

1901年に生まれ、1974年に亡くなったハリー・パーチは、幼少よりピアノなどの器楽に親しみ、音楽大学で作曲を勉強したりしていたそうです。しかし、道ばたなどで聞こえて来る人々の声や、物売りの歌にも似た呼び声に自分の音楽の方向性を見いだしたパーチは、その微妙な音高を用いて彼自身の音楽を実現するには、既存の12音平均率では不可能であるという結論に至り、1オクターブが43音となる音階を考え出したということです。

パーチの音楽というのは、複雑な音律構造とは裏腹に、リズムや音楽構成が非常に単純です。ポップ音楽のようなグルーブ感、明快なリズムの繰り返しも多用されています。聴き方によってはあまりに単純で少し滑稽に感じてしまうかもしれませんし、複雑な現代音楽を好む聴衆であれば「こんなものは現代音楽ではない」と怒り出してしまうかもしれません。しかし、パーチが「今生きている自分が書く、今の時代の音楽」というのを深く追求した成果ではある事は明白であり、その徹底ぶりには感心せざるを得ません。(もしかして彼の音律・音階、そして楽器製作のこだわりとリズムに対するこだわりには、多少の比重差があったかもしれませんが、、、)また自作楽器を用いる作曲家はいますが、ここまで大量の楽器を作ってしまった人物は、あまりいないのではないのでしょうか。

このパーチ音楽の体験後、私は音楽もしくは作曲における楽器選択の重要さ・難しさを考える事が多くなりました。

楽器というのは、それぞれが異なる出自を持ち、人種、歴史的背景、宗教、特定の音楽ジャンルなどと密接に繋がっています。器楽作品というのはこの世に数えられない程、沢山ありますが、その作品が新しい作品であればあるほど、その作品そのものと楽器独自のキャラクターの関係性が薄くなり、時として、作品の音楽的意図に全く異なる効果をもたらす可能性もあるかもしれません。

私達打楽器奏者は、時として任意に楽器を選択しなくてはならない場合が楽曲によってはありますが、どうしても音色選びに集中してしまいがちです。しかし音色以外の様々な視点からその楽器を検証し、その作品の音楽表現手段として適しているものかと判断する事が重要である事を忘れてはなりません。

そういえば、私はこんな体験をしたことがあります。

アルゼンチン人の作曲家マウリチオ・カーゲルが非西洋楽器のために書いた「エキゾティカ」という作品があります。ある演奏会で、この曲の一部分にフラメンコカスタネットを使用した奏者がいたのですが、私は音色にも見た目にも違和感を感じ、その後コンサート中ずっと、私が感じた違和感は何かとずっと考えてしまいました。
スペインは西洋ではないのか、私が気になったのはその音色か、それとも見た目なのか。カスタネットのような楽器は、実は西洋以外に全く存在しなかったのか。
30分の作品中、3分程登場したカスタネットによって全体の統一感が揺らいだように感じた事が非常に印象的でした。

カーゲルの思った非西洋楽器というのもさらに調べてみなくてはなりませんが、とにかく私が改めて感じたのは、たった一つの小さな打楽器が持つ音楽全体の印象に対する影響力です。また非西洋楽器というのは西洋楽器に比べて非常に生息範囲も広く、非西洋をどこからするかと決定するのも難しい問題です。その条件下でカーゲルが表現したかったものは何なのでしょうか。

ちなみに当時、なぜカスタネットを選択したかとその奏者に聞いた所、「好きで得意にしている楽器だから」という答えしかえられませんでした。もしかしてもっとその方に詳しく話を聞く事ができたならば、その背景にはもっと深い理由があるのかもしれません。


このように音楽と楽器の関係性を改めて考えた上で、ハリー・パーチの音楽を改めて聞くと、その音楽的統一感はさすがと言うべきものでした。









コメント

このブログの人気の投稿

モバイルギロ。

日本滞在記2の前にこちらを。
ドイツ・ケルン市にはSchlagquartett Köln という現代音楽のスペシャリストである4人が集まった打楽器四重奏団があります。 そのリーダーThomas Meixnerさんは、以前にもブログに書きましたがハリーパーチの楽器をほぼ全て1人で製作したり、学生時代大太鼓を胴から自作するという日曜大工の域を越えたただものではない人物であります。(本人曰く、全て独学)


そんな彼が先日作ったモバイルギロ。 長いギロを入手するのに今まで苦労して来た打楽器奏者には、目から鱗のこの構造。 これで商売をしよう、などと微塵も考えていない彼の行為によりこのギロを紹介します!
材料は 段ボール 溝を付けた木の棒 木の板 アルミなどの金属枠(ドイツではこの角度を付けて曲げられた状態で売っています)











写真のように、木の板の両側に金属枠を取り付けます。(これは穴をあけてネジで固定) 板の幅より広めの段ボールの真ん中に接着剤で溝を入れた木の棒を貼付けます。 この段ボールを金属枠と木の板の間にはめ込んで出来上がり。
これが驚きのサウンドなのです。 段ボールと木の板の間の空間が共鳴帯になり、豊かな響きを作り出すのです。

スタンドに固定する部分ですが、彼は木と金属で既製のシンバルスタンドにはめられるものを作っていました。
これはスーツケースに入れて簡単に持ち運びできます。 彼も、移動中に新しいギロを作りたくなり、ホテルの部屋で製作したそうです。
おためしあれ!

いい話を聞かせてもらった。

しみじみと感動した話を聞いたので書き留めてみました。

ヨハネス・フィッシャーというドイツ人打楽器奏者がいます。彼は2007年にARD国際音楽コンクール(ミュンヘン国際音楽コンクール)で一位を受賞し、その後ソリストとして活躍しつつ、29歳でリューベック音楽大学の教授にもなった非常に優秀で素晴らしい音楽家です。
光栄なことに私は彼とたまにアンサンブルmusikFabrikの仕事で一緒になるのですが、先日そんな彼からこんな素敵な思い出話を聞きました。
ヨハネスがまだフライブルク音楽大学の学生であった頃、フライブルクとケルンの音楽大学作曲クラスの交流企画で、ケルン音楽大学に作曲科学生の作品を演奏をしにいったそうです。
当時ケルン音楽大学の打楽器クラスは、クリストフ・カスケル氏が教授をしておりました。カスケル氏はシュトックハウゼンの「チクルス」やラッヘンマンの「アンテリオール」などの打楽器ソロを始めとする多くの新作初演を行い、様々な作曲家に大きく影響を与えた伝説の人物です。また彼のもとで勉強をした多くの打楽器奏者が、現在のドイツ現代音楽界を支えていると言っても過言ではありません。
さてヨハネスが、ケルンでの交流企画の数週間前、突然このような電話がかかってきたそうです。
「フィッシャーさん、私はケルン音大のクリストフ・カスケルです。今回演奏に来てくださるの楽しみにしてます!あなたが使う楽器のリストは、事前に作曲家からもらっていますが、全部こちらで用意させていただきます。当日は何時にケルン音大にいらっしゃいますか?私の生徒が玄関でお迎えして、お手伝いをさせていただきますからね。気をつけていらしてください」
定年退職数年前60代後半・伝説のカスケル氏から非常に丁寧な電話(ドイツ語で丁寧語であるSiezenで使っていたそうな)をもらい、当時20代始めのヨハネスは非常に驚き、感激したそうです。そして彼の話のとおり、コンサートの当日は本当に学生が玄関で迎えてくれ、楽器の手配、セッティング等を非常に親切に手伝ってくれたそうです。
そしてコンサートが終わり、ヨハネスが片付けようとしたところ、再びカスケル氏がやってきて、こう言ったそうです。 「フィッシャーさん、素晴らしい演奏をありがとう!片付けは私の生徒達がやりますよ。あなたは演奏をされたんだ。他の演奏者や作曲家と一緒に打ち上げに行ってください!」
ヨハネスは…

ラッヘンマンの音楽は楽しい!

ブログ開始から時間がばっちり経ってしまいましたが、めげずに初めての更新。

先週末ははドイツのかなり南にあるラーヴェンスブルクからさらにいったヴァインガルテンという小さな街の現代音楽祭でヘルムート・ラッヘンマンの室内楽作品「Mouvement」「Zwei Gefühle」を演奏してきました。良くエキストラに呼んでいただくムジークファブリック。ありがたき幸せ。


どの楽器も大活躍、特殊奏法満載のこの曲。 練習を重ねれば重ねる程、演奏中の快感がどんどん増していきます。 私はこの曲とソロ曲「Interieur」で擦る奏法での音の醍醐味を知りました。 (余談ですがラッヘンマン初期作品の「Interieur」。書いてある事を丁寧に読むとどなたでも演奏できます!手が早く回らない私でも!ぜひ日本の打楽器奏者のみなさま挑戦してください!ちなみに日本では手に入りにくい(?)Reibestockの使用の指示はありません!





今回も使用した箱形のウッドブロックとテンプルブロック。この曲の場合ラッヘンマン自身からの指定ではないのですが、打楽器奏者ボリス・ミュラー製作のもので音の立ち上がりがよく、なおかつアンサンブルの中でもよく混ざる音色。オペラ「マッチ売りの少女」にはどうやらこのウッドブロックがベストのようで、今年の夏は、彼に出版社から大量注文が来たそうです。今後このオペラが演奏される時は楽譜と共にウッドブロックが送られてくるそう。(細川俊夫さんの出版社ショットでも同じように楽譜と共に風鈴が送られてきます。)



 ムジークファブリックは今回演奏した「Mouvement」に使用されるKlingelspielも新たに作ってもらい、ラッヘンマン氏もご満悦。初演当時使用されていたものは壊れてしまっているらしく、私は今までMIDIキーボードで演奏されているものしか聞いた事がなかったのですが、生Klingelspielは素晴らしかった!ちなみにこのKlingelspielはベルリン在住のトランペット奏者/作曲家の方が作ったそうです!ドイツの日曜大工レベル高い!
私の相方によると構造的には特にすごく複雑ではないそうなので、ぜひ日本でもどなたか作っていただき、この曲を演奏してもらいたいなーと思いました。
私の相方によると構造的には特にすごく複雑ではないそうなので、ぜひ日本でもどなたか作っていただき、この曲を演奏し…